COUNTER

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター
 本ホームページでは、

カイロプラクティック哲学を語る上で、一番重要視されている、

1927年にDr.ラルフ・W・スティーブンソンが著したカイロプラクティック教本の中の


『 33 原則 』


について、翻訳(&編集)したものを紹介させていただきます。




 なお、訳文で、語意を狭めてしまうおそれのあるものについては、いたずらに訳さず、カタカナ表記とさせていただきましたので、ご了承ください。



 一応、それらをいくつか、大まかに訳すと次のようになります。






「ユニバーサル・インテリジェンス」


「万物を支配する普遍的な全知(叡智)」




「イネイト・インテリジェンス」


イネイトの語源が、「イン・ネイチャー」であることから、
「生物の身体を支配する自然の全知(叡智)」




「フォース」


「力」






 また、「DIS-EASE」は、「病気」と訳しています。


 実際の病気の綴りは、ハイフンがないDISEASEですが、BJパーマーが、ハイフンをいれたDIS-EASEという綴りを創作し、使っていたことから、カイロプラクティックでは通常このハイフンのあるタイプの綴りを使用しています。


 意味的には、「DISEASE」が「病気」というのに対して、「DIS-」は「否定の意」、「EASE」は「楽」ですので、「楽ではない状態」、つまり「健康ではない状態」ということになります。


 それは、病気になる前の、身体が正常ではない状態を、すべて含んでいます。









 それでは、「カイロプラクティックにおける33原則」を次項目から示していますので、


どうぞご参照下さい。









全国カイロプラクティック研究協会(A.J.C.R.A.)

ふじの整体院     

藤野 斉 



































このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています